ABOUT - Hiroko Photography Official Website

I am Hiroko.

but who am I ?

a wife of a big-hearted and a big-bellied husband.
a mother of a mischievous boy and a beautiful girl.
a lover of chocolate wafers and bold coffee 
(and the Bravo channel while folding clothes. shhhhh!)
a good cook – especially Japanese curry over rice.
a person who lives the world through her lens.
a photographer who will move you with her art...please enjoy.

I graduated from St.John's University with a BFA in creative photography, and from the International Center of Photography in New York. I have been awarded an  ICP director's fellowship, a JACL performing arts scholarship, and a SEMA memorial scholarship.

Along with my professional work, I have been a volunteer photographer for Dancing Dreams, the ballet program for physically challenged children, since 2008. I am honored to be able to capture the growth and achievement of the dancers and watch them grow.

I am blessed to be surrounded by amazing friends and families here in NY even though I am far away from my hometown : Tokushima, Japan. I am looking forward to meeting with you!

こんにちは、フォトグラファーのひろこです。

あれよあれよという間に在米16年、中国系アメリカ人のトトロ似の夫の妻、二児の母として育児と仕事の共存(!)に日々奮闘中です。

NYの思い出が詰まった場所でのロケーションフォトやフォトウェディング、里帰りができない方々のための「ニューヨークで七五三撮影」、マタニティや新生児フォトなど、丁寧なカスタムポートレートサービスを提供させていただきます。皆さまの一生の思い出に残る「アート作品」、心を込めて撮影させていただきます。


フォトグラファー/庄野チェン裕子

徳島県出身。徳島新聞社発行のフリーペーパー「Salala」の編集長を経て、2001年、23歳の誕生日に ニューヨークへ渡る。かねてより尊敬していた写真家/マリー・エレン・マークのもとで9ヶ月間インターンシップを経験。その後、NY市立ラガーディア・コミュニティカレッ ジへ入学して英語と写真の勉強を続け、NY私立セント・ジョーンズ大学へ編入。同大学で美術史学写真学科を専攻し、首席で卒業。在学中に国際写真センター のジェネラルスタディ学科も卒業する。国際写真センターディレクター奨励金、JACLパフォーミングアーツ奨学金、SEMA記念奨学金を授与。


また2008年より、ボランティア活動として、障がいのある子供たちのためのバレエプログラム『ダンシングドリームズ』の撮影を始める。子供たちの成長を記録した写真の数々はNY POST(新聞)やNY市内の生活情報誌、「メレディスヴィエラショー」(全米区放映テレビ番組)などで紹介されている。





Powered by SmugMug Log In